使える!スウェーデン語の数字の読み方

スウェーデン語


今回はスウェーデン語の数字の読み方を紹介します。
英語読みでも大抵大丈夫ですが、バスや電車の案内やスーパーのお会計で使われるのはスウェーデン語です。
「数字のことを言ってるな・・?」と何となくわかるだけでもコミュニケーションに対する戸惑いを少しでも減らせるかと思います。

ちなみにスウェーデンの病院は受付番号で呼ばれることがあります。
当然呼ばれる番号はスウェーデン語!スウェーデン語の数字が分かれば余計な不安材料を増やさずに済むかもしれません。

知ってて便利な基本の数字について以下で解説していきます。

基本の数字 0〜20

0 noll ノル
1 en/ett エン/エッテ
2 två ティヴォー
3 tre トゥリエ
4 fyra フィラ
5 fem フェム
6 sex セックス
7 sju フー
8 åtta オッタ
9 nio ニオ
10 tio ティオ
11 elev エレヴ
12 tolv トルヴ
13 tretton  トレットン
14 fjorton フュルトン
15 femton フェムトン
16 sexton セックストン
17 sjutton フットン
18 arton アルトン
19 nitton ニットン
20 tjugo シューゴ


4、7、14、17に要注意!
参考にカタカナ発音を併記しましたが、これには限界があります。
そして、471417は発音がすごく似ています。微妙な違いを聞き分けるのはかなり困難。
自信がない時は潔く“Excuse me?” で英語に切り替えて正確な数字を確認する方がベターです。


使える!21〜100

21 tjugoen シューエン
22 tjugotvå  シューティヴォー
23~29 tjugo+3~9の数字
30 trettio トレッティ
40 fyrtio フュルティ
50 femtio フェムティ
60 sextio セックスティ
70 sjuttio フッティ
80 åttio オッティ
90 nittio ニッティ
100 hundra フンドラ


21以降は英語と同じように機械的に増えていきます。

20〜29は tjugo +1〜9

※この場合 tjugoの読み方は シュー/シューゴ/シューギ 3通りあります。上の表には代表的なシューを載せています。

30〜39は trettio +1〜9
40〜49は fyrtio +1〜9
・・・と以下100まで同じように続きます。

ここでも発音に関して4・7問題が発生するので要注意!44と7477と47を聞き分けられるようになったら本物のスウェーデン人になれる気がします・・。

【ご参考】

44fyrtio fyra)フュルティフィラ
74sjuttio fyra) フッティフィラ

77sjuttio sju)フッティフー
44fyrtio sju)フュルティフー


知ってると便利!101〜1,000,000

101以降について説明します。
こちらも英語とほぼ同じルールで数えます。
全部を書き出すとものすごい数になるのでいくつか例を挙げてみます。

101ett hundra ett(エッ フンドラ エッ)
203två hundra tre(ティヴォー フンドラ トゥリエ)
555fem hundra femtio fem(フェム フンドラフェムティフェム)
747sju hundra fyrtio sju(フー フンドラ フュルティ フー)
999nio hundra nittio nio(ニオ フンドラ ニッティ ニオ)


3桁まで分かるようになれば、日常会話レベルを問題なくこなせると思います。

さらに大きな数字はこちら。基本ルールは今までと一緒です。

1,000 ettusen エットゥセン
1,000,000 en miljon エン ミリオン

1つ例を挙げるとこのようになります。

1,200,000en miljon två hundra tusen(エン ミリオン ティヴォー フンドラ トゥセン)

なかなかお目にかかれない数字に目眩がしそうです。

1〜20を覚えるだけでも日常会話の幅が広がると思うので、ぜひチャレンジしてみてください!

Tack så mycket!


タイトルとURLをコピーしました