【ウィーン路線】ANAビジネスクラス体験記

旅行記
フライトマップ

日本に一時帰国した際、ポイントなどを利用して羽田ウィーン間のANAビジネスクラスに搭乗することができました。記念に機内の様子を紹介したいと思います。

機内設備・アメニティ

スタッガードシートでプライベート感ある座席です。プライベート感を出した分、縦のスペースが狭くなってる気がしますが、快適に過ごすことができました。

映画の種類は思ったほど多くありませんでしたが、話題作はきちんと用意されていました。
今回のフライトではアカデミー賞受賞作品の「グリーンブック」を鑑賞。海外ではNetflixばかり見ていたので、比較的新しい作品を観れて満足でした。

プライベート感あります

アメニティもひと通り揃っています。内容は以下のような感じでした

  • スリッパ
  • ボトルウォーター
  • アイマスク
  • 歯磨きセット
  • 耳栓
  • 化粧品(雪肌精)

アメニティセットには含まれませんが、トイレにマウスウォッシュがあり、使うとサッパリできたので地味に嬉しかったです。
トイレについては、ビジネスクラスはエコノミークラスより広く、ゆったりしていたと思います。

アメニティ
Japan推しの内容

フード・ドリンク

搭乗後ドリンクが振る舞われますが、ここは迷わずスパークリングワインをチョイス。気分を盛り上げます。

オードブルは全部美味しいという事前情報があったのでこちらもしっかりコンプリート。鴨や甘めのソースをベースにしたものなど、なかなか美味しかったです。

まずはスパークリングワインで乾杯
オードブルは欲張って一通りいただきました

深夜便なのでオードブルとドリンクを済ませた後に消灯、ディナーはありません。ここで、前から気になっていた一風堂のラーメンを夜食としてオーダー。生麺に近い食感をかなり再現できていたと思います。
夜食にこんなの食べたら太るな・・と思いつつ、ダイエットは明日からです。

一風堂の味噌ラーメン

着陸の2時間程前に機内が明るくなり朝食の時間です。夜食にラーメンを食べたためさほどお腹は空いておらず、和朝食にしました。

魚がメインで疲れた胃にも食べやすく良かったのですが、ご飯が少しパサついていたのが残念でした。

追加でヨーグルトをお願いするとオイコスが運ばれてきました。オイコスが予想以上に大きかったので少し苦戦しましたが、食後のコーヒーと共に美味しくいただきました。
ちなみに、アイスクリームを頼むとハーゲンダッツがくるようです。

炭酸水はペリエ
和朝食
ヨーグルトはオイコス

おまけ・サプライズ

ウィーン空港で慌ただしく30分トランジット後、オーストリア航空でストックホルムを目指します。そこでも機内食が出たのですが、かなりのボリュームにアップアップすることに・・。見た目はイマイチ映えないですが、写真右上のミューズリーをのせたヨーグルトはなかなか美味しかったです。

オーストリア航空の機内食。右上のミューズリーを載せたヨーグルトが美味

荷物タグにまさかのサプライズが・・!
誕生日が比較的近かったので荷物タグにメッセージが貼り付けてありました。

サプライズ

実は羽田空港のチェックインカウンターでもお祝いされたのですが、まさか荷物タグにまでお祝いメッセージが付いてくるとは・・かなり衝撃的でした。
もう誕生日が嬉しい年齢でもありませんが、お祝いされると嬉しいものです。

国際線のファーストクラスで誕生日をお祝いされなかった問題の余波を疑いましたが勘繰りすぎでしょうか?

このサプライズは受付の方の裁量によるものかもしれません。誕生日が近いから必ずお祝いされる訳ではないと思いますのでご注意ください。

このお祝いメッセージは2つある荷物のうち1つに付いていたのですが、メッセージ付きの方がロストバゲージになってしまうというハプニングがあり、より印象に残る出来事になりました。

スポンサーリンク
人気ホテル&旅館が最大50%オフ
タイトルとURLをコピーしました