【季節限定】スウェーデンの伝統的なお菓子セムラについて

季節

相変わらず雪が降らない2020年のストックホルムですが、気候変動とは関係なく今年もセムラのシーズンが到来中。
セムラとはクリスマス後からイースター(復活祭)の前までの間に食べるスウェーデンの伝統的なお菓子で、この時季になるとカフェやベーカリーなどでよく見かけます。
漫画ワンピースのビッグ・マムが大好きなお菓子なので、そちらの方面から名前を知った方もいるかもしれません。

※余談ですが、私はスウェーデンに来るまでセムラはワンピースの中の架空のお菓子だと思っていました・・。

もともとセムラはキリスト教における四旬節の断食前に食べる高カロリーお菓子なので、毎年食べる日が決まっており、今年のセムラの日は2020年2月25日だそうです。

セムラはパンにクリームを挟んだ見た目のためシュークリームにそっくりですが、そのテイストは全然違います。
セムラはカルダモンの入ったパンをくり抜き、くり抜いたパンとミルクや砂糖を混ぜたものを再び詰めてクリームでサンドしたもので、クリームにはアーモンドも含まれています。

私もセムラシーズンを楽しもうと、カフェでセムラを注文。
なかなかのボリュームです。(ジャンボシュークリームくらい!?)

クリームがたっぷりのっており、かなり甘いのでは?と思いましたが・・こちらのクリームはほとんど甘さなし!パンもカルダモンの香りがするものの結構シンプルな味です。
唯一甘いのはクリームの下、パンに砂糖やミルクが染みこんだ部分のみ。上手く縦に切ると甘さのバランスが取れて美味しく食べられます。

日本ではまだまだ珍しいセムラですが、スウェーデンではどこのカフェでも食べられるので、お店ごとに食べ比べてみるのも面白いと思います。

タイトルとURLをコピーしました