スウェーデン語で相手の様子を尋ねるには?簡単スウェーデン語会話集

スウェーデン語

海外旅行で簡単な会話ができたらといいなと思うことはありませんか?

スウェーデンでは英語も通じますが、スウェーデン語を知っているとコミュニケーションの幅が広がります。ここでは簡単なスウェーデン語会話を紹介したいと思います。

自己紹介

Vad heter du?(ヴァ へテル ドゥ?)お名前は?
Jag heter ◯◯.(ヨ へテル ◯◯)私は◯◯です。

Varifrån kommer du?(ヴァリフロン コメル ドゥ?)
どこ出身ですか?
Jag kommer från Japan.(ヨ コメル フロン ヨーパン)
日本から来ました

Vilka språk pratar du?(ヴィルカ スプローク プラタル ドゥ?)
何語を話しますか?
Jag pratar japanska och lite engelska.(ヨ プラタル ヤポンスカ オ リタ エンゲルスカ)
日本語と英語を少し話します


お気づきの方もいると思いますが、vadは英語のwhatに相当します。vilkaはwhich、Varifrånはwhere〜from?となり、英語と似ている部分が多いことが分かります。

japanska och engelska の“och”は英語のandになります。2つ以上並列させたい時に便利です。

語順は英語と同じで主語+動詞・・・となります。英語と似ている部分があるので全く未知の言語を話すよりは取っつきやすいかな?と思います。


様子を尋ねる

Hur mår du? (フル モル ドゥ?)
Hur är läget?(フル エル ラーゲット?)
Hur är det?(フル エル デット?)


色々な表現がありますが、ざっくり言うと全部 “調子はどう?”となります。1番上のHur mår du?が1番メジャーかと思います。
英語だと How are you?に相当します。

Jag mår bra!(ヨ モル ブラ!)
Det är bra! (デ アル ブラ!)
・・bara bra!(バラ ブラ!)
・・fint!(フィン!)
・・kanonbra!(カノンブラ!)
・・toppen!(トッペン!)※


Hur mår du?と聞かれ、good!とポジティブな返事をする場合は上記の表現を使います。
toppen!は大人が子どもに対して使う表現なので、大人同士では使わない方が無難かと思います。

補足的にカタカナで発音を併記していますが、bra!(ブラ!)のはかなり巻き舌を効かせて発音するので要注意。控えめに発音しても通じないので、思い切って舌をローリングさせてみてください。

Jag mår okej.(ヨ モル オーケイ)
Det är okej. (デ アル オーケイ)
・・helt okej. (ヒエルト オーケイ)
・・så där. (ソ ダール)
・・inte så bra. (インテ ソ ブラ)
・・ganska dåligt. (ギャンスカ ドーリット)


ネガティブな返事をする場合は上記のようになります。
okej(オーケイ)はOKのイメージでポジティブになりそうですが、どちらかと言えばネガティブ表現になるので注意が必要です。

ネガティブ度としては、上から順に強くなっていきます。okejは “良くはないね・・”くらいのニュアンスで、
ganska dåligt. は“かなり悪い”となります。


返事

Ja (ヨォ)はい
Nej (ネイ)いいえ
Nja (ニャー)まあまあ、そこそこ


英語のYes/Noに当たるのが JaNej です。
何か勧められて断る時には Nej tack!と言う方がベター。tack!が付くことでぶっきらぼうにならず丁寧な印象になると思います。

Njaを使うとかなりこなれ感を出せます。
JaでもNejでもない微妙な時にNja(ニャー)と猫になった気分で言ってみるといいかも!?・・です。


最後に


スウェーデン語の簡単な表現を紹介してきました。
日本からみるとスウェーデン語はマイナーで馴染みが薄いかと思います。
でも実際スウェーデン語に触れてみると、ゲルマン系の言語として英語やドイツ語と同じルーツを持っているため、英語の知識があると意外に取っつきやすい言語でもあります。

スウェーデン語を話す人は約930万人と英語に比べれば全然少ないですが、デンマーク語やノルウェー語とも似ている部分があるので、スウェーデン語を覚えると他の北欧諸国の言葉も少しわかるようになります。

スウェーデン語を通して少しでもスウェーデンを知ってもらえたら嬉しい限りです。

Tack så mycket!(ありがとうございました!)




タイトルとURLをコピーしました