【スウェーデンのローカルスウィーツ】Nöt-Crème(ナッツクリーム)

子ども
Nöt-Crème (Nut-cream/ナッツクリーム)

スウェーデンオリジナルのナッツクリームを紹介します。

Nöt-Crèmeというもので、スタンダードは小袋タイプで1袋あたり18gのナッツクリームが入っています。

サラサラとしたクリームではなくチョコレートベースの固めのナッツクリームなので、袋から出してそのまま食べることができます。

ナッツクリームではイタリアのヌテラ (Nutella)が有名ですが、Nöt-Crèmeの方がナッツのサクサクした食感を感じることができます。

右上のボトルがヌテラ
Nöt-Crèmeの裏面。袋の端に切れ込みがあり開けやすい!

このスウェーデンのナッツクリーム(Nöt-Crème)は、1961年に発売されましたが、最初はほとんど売れませんでした。
しかし、Gothenburg(イェーテボリ)の卸売業者がいくつか購入し、キオスクで販売したところ、子どもたちが列を成して買いに来たそうです。
それから50年もの間、Nöt-Crèmeは変わらぬ製法で創業の地Skåne Hässleholm(スコーネ ヘスレホルム)の工場で製造されています。

※Nöt-Crèmeを製造しているPrintzells Confectionery AB のホームページを参考にしました。

このナッツクリームは子どもや若者に人気があり、スーパーのgodis(お菓子)コーナーで売られています。

パンにつけても良し、そのまま食べても良しのスウェーデンのローカルナッツクリーム、見つけたら是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
人気ホテル&旅館が最大50%オフ
タイトルとURLをコピーしました