【スウェーデンの冬】ビタミンD不足を補う

季節

スウェーデンの冬は日照時間が短く、薄暗い日が続きます。
12月の日の出は8時半過ぎ、日没は15時前となっており、あっという間に暗くなってしまいます。

スウェーデンで暗い冬を過ごすと問題になるのがビタミンD不足です。

ビタミンDはカルシウムの吸収をサポートし、丈夫な歯や骨を作るのに欠かせない栄養素です。ビタミンDは食物から摂取する他に、日光を浴びて体内で生成することもできます。

ビタミンDが不足すると、骨が脆くなったり子どもの成長に悪い影響を及ぼしたりと、丈夫な体を作ることができなくなります。ビタミンDはとても重要な栄養素なのです。

冬のスウェーデンでは日光を浴びて体内でビタミンDを生成できません。そのためサプリメントで補う必要があるのです。

ビタミンDのサプリは主に薬局で手軽に購入できます。大人向けの錠剤や子ども向けのイチゴ味などその顔ぶれも多彩です。

我が家のビタミンD

今年のストックホルム市内は例年になく暗いそうなので、我が家も早速ビタミンDを強化することにしました。

サプリも有効ですが、ヨーグルトなどの商品をよく見ると、“ビタミンD入ってます”とパッケージにビタミンD強化を謳うものものもあります。

食品やサプリを上手に活用しつつスウェーデンの冬を乗り切っていきたいと思います。

スポンサーリンク
人気ホテル&旅館が最大50%オフ
タイトルとURLをコピーしました