【初夏のストックホルム】コロナは何処へ?日光浴を楽しむ人々

季節

週末のストックホルムは天気が良いと、公園など緑豊かな場所はたくさんの人で賑わいます。

鴨ものんびり
白鳥!?
結構“密“です・・

近所の公園をぐるっと一周するコースをよく散歩するのですが、先日は芝生エリアにたくさんのグループがいてビックリ!
グループ毎の距離感は結構あると思うのですが、グループ内は結構密度高めです。
室内じゃなければOKでしょ?という感じで、誕生日パーティーをやっているグループもいました。

コロナ死亡率ワースト上位の国とは思えないほどのんびりしています。これだけ緩んでいるから上位なのかもしれませんが。
ただ高齢者の姿はあまり見かけません。ケアハウスで隔離されているのかな・・?

こっそり復活

コロナの感染防止のため中止されていたスーパーの惣菜ブッフェがひっそり復活していました。
そこそこ売れているようですが、正直不特定多数が触れるブッフェ系は今は怖くて手を出せないです。

独自路線を突っ走るスウェーデンの週末でした。

タイトルとURLをコピーしました