スウェーデンのボクシングデーについて

季節

スウェーデンの12月26日はボクシングデーという祝日です。

スウェーデンの12月のカレンダーはこのようになっています。

12月24日 クリスマスイブ
12月25日 クリスマス(祝日)
12月26日 ボクシングデー(祝日)

24日もお休みのところが多いので、実質3連休のような形になっています。日本では馴染みの薄いボクシングデーについて、紹介していきたいと思います。

ボクシングデーの由来

格闘技のボクシングではありません

“ボクシング”という名前から格闘技のボクシングを想像するかもしれませんが、ボクシングデーとボクシングは何の関係もありません。

私は普通に感違いしてました・・。

クリスマスの翌日に教会が貧しい人たちのために寄付を募ったプレゼントの箱(box)を開ける日であったという説

クリスマスに仕事をした使用人たちが翌日、家族と過ごす休日に主人が箱(box)に贈り物を入れて彼らに配ったという説

etc…. 諸説ありますが、とりあえず箱(box)由来であることは間違いなさそうです。

ボクシングデー当日は何をする?

ボクシングデーは立派な祝日なのですが、実際はクリスマス前から長期休暇を取る人が多いので、ボクシングデーの祝日感は薄く地味な印象になりがちです。

商業的にはクリスマス後にセールが開催される日という位置づけですが、ストックホルムではブラックフライデーの方が盛り上がっていました。さらに大手ショッピングモールではクリスマス前から既にセールが始まっているので、ボクシングデーのスペシャル感はあまりありません。

近年ボクシングデーは存在感が薄くなりがちですが、暦の上ではしっかり祝日なのでお店やレストランが休みだったり生活には影響してきます。

12月にスウェーデンを訪れる際はこれら祝日の影響でお休みのお店も多いので、事前に開店時間のチェックがオススメです。


スポンサーリンク
人気ホテル&旅館が最大50%オフ
タイトルとURLをコピーしました