スウェーデンの郵便事情 その3 【2020年1月1日から】 Postnordが郵便料金を値上げ!

スウェーデンライフ

2020年1月からスウェーデンの郵便料金が値上げされます。

スウェーデンの郵便については、過去に苦い思い出があります。


トラブルに遭遇した人は私だけではないようで、このような記事を見つけました。

Folk klagar över att
många brev och paket
kommer fram sent.
En del brev och paket
kommer inte fram alls.

引用元:8SIDOR「Postnords chef tvingas sluta」
日本語にすると・・・

「人々は多くの手紙や荷物が遅れて届くことに不満を持っています。
いくつかの手紙や荷物は全く届かないこともあります。」

このように多くの人が郵便トラブルに巻き込まれ、スウェーデンの郵便Postnordに厳しい批判が起きているのです。

このように苦境にあえぐPostnordが郵便料金の値上げを決定しました。

2020年1月以降のスウェーデンの郵便料金について紹介したいと思います。

2020年1月1日以降の郵便料金
  • スウェーデン国内・・50グラムまでSEK9→SEK11
    (日本円で121円
  • スウェーデン国外・・50グラムまでSEK21→SEK22
    (日本円で242円

※共に追跡機能なし、いわゆる普通郵便の場合。為替レートはSEK1=11円換算

日本の定型郵便と比較してみます。

  • 25g以内・・84円
  • 50g以内・・94円
  • ハガキ・・・63円

2019年10月1日以降の消費税増税の影響で日本の郵便も値上げされてます。それでもスウェーデンより安いですね。
ただし、スウェーデンは郵便に関してはタックスフリー。これに消費税が上乗せされたら大変なことになってしまいます。

Postnordによれば、値上げ後の郵便料金でも北欧の中では低価格だとのこと。改めてスウェーデンの物価の高さを思い知らされます。

値上げの背景

手紙や葉書など郵便物の取扱量が減少したため

メールやSNSが主流の昨今、手紙の取り扱いが減少する傾向にあるのは日本と同じですね。

スウェーデンでは日本ほどダイレクトメールが送られてきません。セールのオファーはSMSやメールで来ることが多いです。
20年前と比べると、郵便の取扱高は半分近くまで落ち込んでいるそうで、時代の流れで仕方ない部分もあるのかもしれません。

しかし、郵便料金を払うからにはそれに見合ったサービスを受けたいもの!正確に配達してくれれば不満も少ないのでしょうが、いかんせんトラブルが多いのがスウェーデンの郵便事情の残念なところです。

タイトルとURLをコピーしました