英語でニワトリを表現!鶏関係フレーズまとめ

英語

突然ですが、「ニワトリ」を英語で何ていうと思いますか?
鶏=chikenのイメージが強いですが、所謂トリ関係には様々な表現があります。

英語学校の授業中に、She used to raise chickens for their eggs.(彼女は卵のために鶏を育てていた)という話題が出た時、ここから話がものすごい広がりを見せました。

鶏は、性別、年齢などよって呼び方が変わります。
そして、他の家畜として飼われている鳥(鴨など)にまで話が及ぶとその話題は尽きることがありません。

ここで、家畜として飼われる鳥(家禽)についての英語表現をまとめてみました。

鶏(ニワトリ)

chicken ・・・鶏という種を表す

hen ・・・大人の雌鶏、卵を産む

rooster ・・・大人の雄鶏

pullet ・・・子どもの雌鶏

coockerel(cock) ・・・子どもの雄鶏
※スラングとしても使われるので注意

lay an egg ・・・卵を産む

sit on the eggs ・・・卵を抱く

hatch a clutch of eggs ・・・卵をかえす

その他トリ関係

goose(単数形)/geese(複数形)・・・ガチョウ

duck ・・・カモ、アヒル

foie gras ・・・ フォアグラ(ガチョウの肥大した肝臓)

turkey ・・・七面鳥

poultry ・・・家禽(鶏、七面鳥、アヒルなど)肉、fowlとほぼ同義
※牛、豚肉のmeatと区別して使います

例)meat and poultry products in a supermarket
スーパーマーケットの肉製品

このように、スーパーの肉売り場などでpoultry という表現を使います。

fowl ・・・家禽、poultryとほぼ同義

まとめ

このようにみてくると、トリ(家禽)関係だけで色々な表現があります。
chickenだけでも会話は成立しますが、詳しい表現を知っていると、買い物など日常生活の場面で分かりやすかったり、会話でもスムーズな表現ができると思います。
少し頭に入れておくと、思いがけず役にたつかもしれません。

スポンサーリンク
もう英文作成で悩まない!120万例文と用例の「英辞郎 on the WEB Pro」

タイトルとURLをコピーしました