ジョージはニッケ

スウェーデン語

ワールドワイドなひとまねこざる

日本でも人気の「ひとまねこざる」こと「おさるのジョージ」ですが、スウェーデンの絵本では”Nicke Nyfiken”となっています。

最初、息子が好きなジョージの絵本を本屋さんや図書館で探したのですが、見つけられず・・。

そもそも名前が違う!!ということに最近気づきました。

所変われば名前も変わるのですね。

ちなみに黄色い帽子のおじさんは

”Mannen med den gula hatten”

(Man with the yellow hat)

長い、そして日本人的には言いにくい。

作中では上記の表現はあまり使われず、

”Hans vän”

(His friend)

かなり省略されています。

こういったところも外国語の面白さの1つかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました