【新型コロナウィルス】シェンゲン協定加盟国への感染症危険情報(危険度引き上げ)について

News

2020年3月17日(日本時間)外務省ホームページにて「欧州各国に対する感染症危険情報の発出(一部の国・地域のレベル引き上げ)(新規)」が出されました。

イタリアなど深刻な状況の国や地域ではレベル3の“渡航中止勧告”が出ており、スウェーデンを含むシェンゲン協定圏の国もレベル2“不要不急の渡航を止める”よう要請されています。

以前の感染症危険情報ではスウェーデンなどはレベル1でしたが、今回の件で危険度が一段階引き上げられたことになります。

オーストリア,オランダ,スウェーデン,スロベニア,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,フランス,ベルギー,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク,アンドラ,モナコ
●上記各国全土
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)

引用元:外務省 海外安全ホームページ「欧州各国に対する感染症危険情報の発出(一部の国・地域のレベル引き上げ)(新規)」

スウェーデンでも一部の学校が閉鎖されたりスーパーで食品やトイレットペーパーが品薄になったりと、徐々に不安な状況になっています。早く落ち着いて普段通りの生活に戻ることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました