【イースター】聖金曜日〜Långfredagen / Good Friday

季節

スウェーデンはPåsk(イースター)シーズンに入りましたが、コロナウィルスの影響で例年のような春の明るい雰囲気は抑え気味です。

2020年の西方教会の復活祭(イースター)は4月12日、その前の金曜日は「聖金曜日(Långfredagen / Good Friday)」「受難日」とも言われ断食をする場合もあるそうです。

スウェーデンでは聖金曜日は祝日となっており、スーパーなど一部のお店を除いてほとんどお休みです。

イースターの訪れをもって、街中のカフェやベイカリーで見かけた“セムラ”ともお別れ。また来年のお楽しみです。

イースター期間に1週間ほどまとまって休暇を取る人も多いのですが、今年はスウェーデン当局により海外への渡航を控えるよう要請されています。そのせいもあってか公園には結構な数の人が訪れており、人多くて大丈夫かな・・?と思うこともあります。

そうは言っても、この時季のスウェーデンは冬が終わりやっと太陽の光を浴びることができる絶好の季節!
サマータイム開始→イースター→夏至祭と、春から短い夏を楽しむ待ちに待った季節なのです。

困難な状況で迎えた今年のイースターですが、来年は春の陽気を思いっきり楽しめるようになることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました